不動産購入の流れ



情報収集

情報が早く、いつでも好きなときに検索できるのが、インターネット。今や、不動産購入を検討される方の大半が、インターネットを利用しています。

住みかえ先の夢や希望、暮らし方など、目的や条件を整理しましょう。

購入相談

不動産会社に、具体的な購入希望条件などを相談してみましょう。それぞれのニーズにあわせた最新の物件情報を提案してくれます。

資金計画

用意できる自己資金を整理し、年収や勤務先の状況により借り入れ可能額を不動産会社や銀行に確認します。ご家族からの援助などがある場合は、早めに相談しておきましょう。

物件見学

チラシやホームページではわからない情報を、実際に現地で自分の目で確かめます。通勤・通学の手段、渋滞や電車の混雑状況など、住むことを想定してチェックします。

不動産売買契約

購入物件が決まったら、購入申込を行います。不動産会社から重要事項の説明を受けた後、売買契約が交わされます。

ローン申し込み

住宅ローンを利用される方は、ローンの申込みを行います。不動産会社では、自分にあったローンのアドバイスや申込みも行っています。

残代金決済・引渡し

ローン承認がおりたら、残代金の支払いと物件の引渡しを受けます。

引越し・入居

引越しの手配は早めに進めましょう。引越し前後に、役所・学校などへの届け出が必要です。

確定申告

住宅ローン減税の適用を受ける方は、住宅に入居後、税務署に確定申告を行います。


注文住宅の工務店・ハウスメーカー探しならIECOCORO NAVI

当サイトに掲載の図面、データ等の無断転載を禁じます。

ページトップへ